スキンケアのアンチエイジングでは、顔に勢い良く吹き付ける形で施術を行ったり、ケアやトリートメントを行ったりする場合があります。

例えば、酸素を顔に吹き付けて行う施術があります。

酸素は高い濃度を持ったもので、小型の噴射器に収められており、酸素を吹き付けて顔に当たるときの圧力を利用して、施術を行うものです。

小型の噴射器に収められているのは、高い濃度の酸素だけではなく、美容液などが一緒に含まれており、ピンポイントで噴射することによって、美容液を素早く肌に浸透させることができるという働きがあるのです。

この酸素を顔に吹き付けるという施術は、顔全体に行うことができますが、特に目元や口元など、シワや乾燥などが気になるところに吹き付けていくと高い効果が実感できるものとなります。

小型の噴射器に収められているものが酸素と化粧水という組み合わせである場合もあります。

この場合も酸素の濃度は高く、噴射器の圧力によって、化粧水を顔全体の奥深くまで浸透させていくことができ、仕上げなどに利用されることが多くなっています。

顔に吹き付けられるものは霧である場合もあります。

温めた蒸気の霧を顔に当てていくことによって、毛穴を開くことができる効果がありますので、マッサージを行う前には、この温かい霧状のものを顔に吹き付けてから行う場合があります。

マッサージを行う前には、洗顔をしっかりとすることが基本ですが、洗顔で汚れをすっきりと落とすために洗顔料を泡にして顔に吹き付けることもできます。

小鼻の周りなど、洗顔料が行き渡りにくい細かいところにも、泡で吹き付けることによって、しっかりと洗顔料が付き、また汚れ落ちの効果も高くなることが期待できます。

しっかりと行き渡らせた洗顔料を、完全に落としておくために、すすぎの水も噴射器に入れ、細かい箇所の泡を流していくことがあります。